愛媛で9人死亡 新型コロナワクチン接種 国が61人で健康被害との因果関係認める【愛媛】

7/9(火) 18:01配信
テレビ愛媛

愛媛県内で新型コロナウイルスワクチンを接種したあと、副反応で9人が死亡していたことが9日までに分かりました。

県のまとめによりますと愛媛県内で6月25日時点、106人が新型コロナのワクチン接種の副反応による健康被害を訴え、このうち61人について国がワクチン接種と健康被害の因果関係を認めたことがわかりました。また、このうち9人が死亡。多くが突発性心停止や急性心筋梗塞などを発症していたということです。

健康被害が認められた人には救済措置として国から医療費などが支給されるほか、死亡した際には死亡一時金と葬儀代あわせて約4500万円が支給されるということです。

県は毎月、健康被害の状況をホームページで公表する予定です。